« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

センダイムシクイ@室池 5/30

5月30日は室池(むろいけ)に行ってきました。

初めてだったのでハイキングもかねてぐるぐると歩き回りました。
歩き回ってたので写真はあまり撮れませんでしたが、
野鳥のさえずりのシャワーを浴びて清々しい一日でした。

ウグイスやヤブサメ、センダイムシクイがそこらじゅうでさえずっていました。
ヤブサメは姿を見れたのですが、暗い谷間で動き回っていて、
撮影する事はできませんでしたが、数が多かったので粘れば撮れそうです。
また、コマドリやホトトギスの美しい声が山に響いていました。


センダイムシクイセンダイムシクイ

センダイムシクイセンダイムシクイ

センダイムシクイセンダイムシクイ

センダイムシクイセンダイムシクイ

魚釣り禁止の場所に、たくさんの家族連れの釣り人がいました。
また、両親が釣りをしている間、残された小学校低学年位の子供達が
一人ずつポケットゲーム機で黙々と遊んでいる姿を見ましたが異様な光景でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

メボソムシクイ@大阪城 5/29

昨日、5月29日の大阪城公園は、ホトトギスの声は聞こえど姿は見れず、
カッコウやツツドリもいたようですが、お目にかかる事はできませんでした。

この日の主役はメボソムシクイで、たくさんいました。
いろいろな場所で虫を探しながら、盛んにさえずっていました。
さえずりながら枝から枝へ移動する姿はとっても可愛いです。

メボソムシクイは人をあまり気にしないようなので、
結構近くに来ますが、葉の繁みの中をちょこまか動きっぱなしなので、
被写体としては、なかなか手強い相手です。

メボソムシクイメボソムシクイ

メボソムシクイメボソムシクイ

メボソムシクイメボソムシクイ

メボソムシクイメボソムシクイ

メボソムシクイメボソムシクイ

メボソムシクイメボソムシクイ

レンズを今までのED 70-300mm F4.0-5.6(+テレコン×1.4)から
ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(+テレコン×2.0)にしました。
2倍のテレコンを付けても前よりピントが合いやすく、少し明るくなりました。
※尚、70-300mmはオリンパスの対応表ではテレコン使用時はMFとなっていますが、
1.4倍の方は明るい場所ではAFも可能です。(2倍の方はまだ試していません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

コシアキトンボ@大阪城

今日、5月29日、大阪城公園ではコシアキトンボが見られました。

ホトトギスを探して城内を歩いている時に、
梅林の北側でたくさんのコシアキトンボに遭遇しました。

全体が黒で腹部の3〜4節が黄白色、成熟した♂は真っ白になりますが、
今日見たのは、まだ羽化仕立てなので、白く見えるものはいませんでした。
腰の部分が空いているように見える事から、コシアキトンボと名付けられたそうです。

止まっているのを見つけるまでは、飛んでる個体を撮影してみました。
ただ、飛んでいるところが梅林の狭い通路で、通路に沿って行ったり来たりで、
柵の中には入れないため横からの流し撮りはできませんでした。

空抜けにならないように、また背景が暗くなりすぎない向きで、
背景がごちゃごちゃしないようにぼかすため被写界深度を浅くし、
ピントを予め背景の良い向きの空中に合わせておき、
ファインダーにトンボが入りピントが合ったらシャッターを切るという方法で撮影しました。
どうにか撮れましたが少しピントが甘く、もう少し絞り込んだ方が良かったようです。


コシアキトンボ♂ 未成熟個体コシアキトンボ♂ 未成熟個体

コシアキトンボ♂ 未成熟個体コシアキトンボ♂ 未成熟個体

コシアキトンボコシアキトンボ 斜め前から

コシアキトンボコシアキトンボ 斜め後ろから

コシアキトンボコシアキトンボ 前から

コシアキトンボコシアキトンボ 真後ろから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm

2010年5月29日より、ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDと2x Teleconverterを導入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

ヤブサメ@大阪城 5/3

5月22日はいつもより1時間程早く大阪城公園へ。
朝一番に教育塔裏へ行った時は、まだいなかったのか、
アカショウビンは見つける事ができませんでした。

音楽堂西側や桜広場をまわり、神社裏を抜け西の丸庭園の入り口あたりで、
ホトトギスの声が遠くから聞こえました。響き渡る良い声です。
アカショウビンらしき声も修道館裏で聞こえたのですが、
迷ったあげく、まずは声のはっきりしたホトトギスの方へ行きました。
なかなか良い場所にホトトギスは出ず、しっかり映せるチャンスは1回だけ。
お人好しの私は、よい場所にいるのを見つけると、さっさと撮影すれば良いのに
周りの人に場所を教えてから撮ったので、ピン甘の証拠写真しか撮れてませんでした。

その後アカショウビンの方にも行きましたが、繁みに隠れており、
こちらも証拠写真にも足らないようなものしか撮れませんでした。
朝の出始めは良い写真が撮れたそうです。

ということで、アカショウビンとホトトギスは良い写真が撮れなかったのですが、
証拠写真繋がりでGWの大阪城で、他の人があまり撮っていないものから
映りはいまいちですが、5月3日に撮影したヤブサメと同じ場所にいたコルリです。


ヤブサメヤブサメ 猫に追われて繁みから飛び出したところ

ヤブサメヤブサメ 17時過ぎに繁みの中に戻りました

ヤブサメヤブサメ お尻が可愛いです

コルリヤブサメと同じ場所にいたコルリ 前日の5/2もいました 

ヤブサメはちっちゃくて、お尻がつんと上向いて、とっても可愛いです。
コルリは割と近くまできたので、モアチャンスを待っていたのですが、
残念ながらその後、また猫が繁みに入り、2羽とも逃げてしまいました。
基本的に猫は好きなのですが、大阪城公園の猫は嫌いです。

上の写真の1枚目以外は、繁みにカメラを突っ込んで、
ノーファインダーで撮影したものです。
そうしないと撮れないような場所でした。
後から考えれば、フリーアングルの液晶モニターを使って、
ライブビューで撮影すれば良かったのですが、
撮影できる場所に出てきたそのタイミングではあまり余裕は無かったです。

明るくて500mm位のレンズが欲しいのですが、フォーサーズには適当なのがなく、
ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD × テレコンEC-20位しか選択肢がありません。
オリンパスさん竹レンズの400mm以上の長玉を是非商品化してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

キビタキ♀@大阪城 5/3

GW5月3日の画像から、キビタキの♀です。

大阪城公園では5月15日にもいたキビタキ達ですが、
今週に入って気温も上がり、もう皆旅立ってしまったでしょうか?
ちょっと遅くなりましたが、5月3日の♀のキビタキの画像です。

このキビタキの♀ですが、今まで見た♀と比べると、
色合いが全体的にかなり緑色っぽい感じがしました。
そんなことから、実物は全く見た事は無いのですが、
少しリュウキュウキビタキに近いかもと思いました。


キビタキ♀キビタキ♀

キビタキ♀キビタキ♀

キビタキ♀キビタキ♀

キビタキ♀キビタキ♀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

シジュウカラ幼鳥@大阪城

5月15日の画像から。
お昼前の桜広場ではシジュウカラの親子が元気に飛び回っていました。

親は子供にあげる餌を探し、見つけては子供に与え、
周りを警戒しつつ子供達を見守り、ツッツッピーと時々さえずり、
また餌探しの繰り返しで、非常に忙しそうでした。

子供達はチュピュピュピュ、チュピュピュピュ(実際にはチュとピュの間位な感じ)と鳴きながら、
親を追っかけ食べ物を盛んにねだっていました。とっても可愛かったです。

シジュウカラの幼鳥は頭や背中、翼の色合いが薄く、
頬や胸とお腹は黄色みを帯びてクリーム色っぽく見えます。
また、体の大きさは親鳥とほとんど同じ位になっており、
羽根をふかふかに膨らませていたので、親鳥より大きく見えたりもしました。

シジュウカラ幼鳥シジュウカラ幼鳥 頭は黒くなく全体に淡い感じな色合い

シジュウカラ幼鳥シジュウカラ幼鳥 時々毛繕いしながらふかふかに

シジュウカラ幼鳥シジュウカラ幼鳥と親鳥 大きな口を開けて食べ物をおねだり

シジュウカラ幼鳥シジュウカラ幼鳥 お腹がいっぱいになったのか一休み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

メボソムシクイ@大阪城 5/15

滞在記録の更新が続いていた大阪城公園のサンコウチョウの♂は、
晴天の5月16日の早朝に旅立ったそうです。

5月16日は仕事だったので、5月15日の画像から。
5月15日はメボソムシクイをたくさん見かけました。
時々さえずりながらちょこまか移動して食べ物を探していました。

虫探しに夢中で飛び回る中、うまく枝にとまれず
何度か葉に片足だけかけてバタバタしたりしていました。

このメボボソムシクイは人はあまり気にせず、
どちらかというと他の鳥の動きの方が気になっているようでした。
3、4枚目は画像はいまいちですが、そんな様子の仕草が可愛い場面です。

メボソムシクイメボソムシクイ

メボソムシクイメボソムシクイ

メボソムシクイメボソムシクイ 背伸びしてるところ

メボソムシクイメボソムシクイ 身をかがめて周りの様子を伺っているところ

撮影した音楽堂西側では、メボボソムシクイの他に、
メジロ、コゲラ、シジュウカラ、キビタキ、エナガ、ヒヨドリなどがいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

サンコウチョウ@大阪城 5/15

またまたサンコウチョウです。
大阪城公園の滞在記録を更新しているサンコウチョウは、
今日も元気に飛び回っていました。

5/8は私は仕事だったで、大阪城へは行っておらず、
その日に撮影された方のブログ画像から判断するしかありませんが、
今日のサンコウチョウは胸の模様から5/9のものと同じ個体としっかり判ります。

少なくとも5/9から今日5/15まで同じ♂のサンコウチョウが、
大阪城公園の同じ場所に滞在しています。
サンコウチョウは今日18:00までいたので、
明日もまだいる可能性が高いです。

気温の低い日が続いていたので滞在が延びていますが、
明日から気温が平年並みに戻るようなので、どうなることでしょうか。


サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂ 尾羽の裏側は光を反射して光っています

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

コゲラ@大阪城

最近の写真から、大阪城公園ではおなじみのコゲラです。

色合いや行動から目立たないですが、可愛い鳥です。
ビィーンと鳴きながら、幹から幹へと移り行く姿はユーモラスです。
本では鳴き声をギィーと書いてありますが、私にはビィーンと聞こえます。

コゲラもいろいろな個体を見比べると、バリエーションがあります。
上から4枚のものは背中の白班が太めで本数が少なく、頭に近い方は褐色で、
お腹は縦縞がしっかりしてますが全体的には結構白っぽく見えます。
また頭はグレーっぽく、頬の褐色は薄目です。

コゲラ♀コゲラ♀ (5月3日)

コゲラ♀コゲラ♀ (5月3日)

コゲラ♂コゲラ♂ (4月25日)

コゲラ♂コゲラ♂ (4月25日)


次の5、6枚目のものは背中の白班が細めで本数が多く、
お腹は白っぽいですが、縞はあまりはっきりせず、
頭は黒っぽく、頬はやや濃い目の褐色です。
(6枚目の写真は頭と背中上部に陽が当たってます)

コゲラ♀コゲラ♀ (3月27日)

コゲラ♀コゲラ♀ (3月27日)


最後の7枚目のものは背中の上の方は淡く、
頭と頬はほとんど同じ色で、お腹も全体に褐色を帯びています。

コゲラコゲラ (5月9日)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

オオルリ@大阪城 (5/2-3)

ゴールデンウィークに大阪城公園で撮影したオオルリです。
大阪城公園へ出掛けた4月28・29日、5月2・3・5日の5日間で、
サンコウチョウ祭りで一日費やした5月5日以外は、
オオルリを撮影していますが、中でも5月2日が一番撮影枚数が多かったです。

5月2日はキビタキはいっぱい見かけましたが、
オオルリは少なく、何度か「オオルリ見ませんでしたか?」と
出会ったバーダーさんに訊かれました。

午後はオオルリを狙って、いそうな場所に移動してみたところ、
オオルリの♂は1羽だけでしたが思った通りにいました。
その場所は市民の森でも一番東の外れ、
弓道場と森ノ宮駐車場の間の道路際細長い地帯です。

夕方近くにご夫婦のバーダーさんがいらっしゃいましたが、
それまでの2時間程は一人でゆっくり撮影してました。
でも一般の人は多く、通行人が来るとオオルリは飛び回っていました。


オオルリ♂オオルリ♂(5月2日)

オオルリ♂オオルリ♂(5月2日)

オオルリ♂オオルリ♂(5月2日)

オオルリ♂オオルリ♂(5月2日)

オオルリ♂オオルリ♂(5月3日)

オオルリ♂オオルリ♂ (5月3日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

サンコウチョウ@大阪城 5/9

日付が変わりましたが、5月9日の続きです。
今日のメインのサンコウチョウです。

サンコウチョウがいたのは飛騨の森でも一番東の外れの部分で、
飛騨の森というようり愛の森の東端です。
コサメビタキに時間を割いたので、その場所に着いた時は
既に多くの人々が集まっていました。

サンコウチョウの人気ぶりがよくわかりますが、
ゴールデンウィークの最終日5月5日のお祭り騒ぎと変わらぬ
いや、それ以上の賑わいだったかもしれません。

残念ながら前日いたという♀には出会えませんでした。
しかし、今回のサンコウチョウ♂は、前回の♂ほど飛び回らず、
少し撮影しやすかったのと、光線状態も割と良かったです。

光の加減もあると思いますが、前回の♂と比べると、
背中の赤紫色は発色がよく、尾羽根も痛んでおらず
舞台となったハリエンジュ(ニセアカシア)の木は花が咲いており、
綺麗で良い絵が撮れました。


サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

センダイムシクイ@大阪城

5月9日の続きです。
あちこち元気に動き回るコサメビタキを撮っている時に、
近くにやってきたセンダイムシクイも撮影する事ができました。

ムシクイさんたちは鳴き声で区別するのが判りやすいのですが、
センダイムシクイは、外見でも見分けやすい方だと思います。

翼などが黄色みが強く、尾筒下側が黄色っぽい他、
頭の真ん中に線が入っているところが
他のムシクイさんたちとは違った特徴でしょうか。


センダイムシクイセンダイムシクイ ウグイスもたまに来る繁った木

センダイムシクイセンダイムシクイ 下尾筒が若干黄色っぽいのが判ります

センダイムシクイセンダイムシクイ 頭の真ん中の線(頭央線)が見えます

センダイムシクイセンダイムシクイ 翼の風切り部分がかなり黄色い

センダイムシクイセンダイムシクイ 下尾筒がしっかり黄色い(上とは別個体)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コサメビタキ@大阪城

昨日は仕事だったので大阪城公園には来れませんでしたが、
サンコウチョウが3羽も飛騨の森に出たいうことで、
今日もまだいるかもしれないと思い、京橋口から飛騨の森へ入りました。

いつもの場所にウグイスがいましたがすぐに遠くへ行ってしまい、
そしてすぐにセンダイムシクイの声と、別のさえずりが聞こえてきました。
そのさえずりの声の主が、このコサメビタキです。

このコサメビタキは最初は木の高いところにいましたが、
暫くすると低い位置にも降りてきたのですが、
元気にあっちこっち飛び回っており、なかなか撮影しずらかったです。


コサメビタキコサメビタキ 光線状態によって背中が明るく見えます

コサメビタコサメビタキ 嘴下側に黄色い部分が広く、胸や脇に色づき(班)がないのが特徴

コサメビタキコサメビタキ 光線状態によってかなりグレーっぽく見えます


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

サンコウチョウ@大阪城 5/5

今日、5月5日の大阪城はサンコウチョウ祭りになりました。
いつもはバーダーの少ない教育塔裏が舞台でした。
教育塔裏より人工川の流れ出す林と書けば判る人もいると思います。

教育塔裏は西側から大阪城に入るとだいたい立ち寄る場所で
5月3日にエゾムシクイが何羽かいたのですが、
まともな写真を撮らなかったので、今日いたら撮ろうと思っていたのですが
あの独特の声は聞こえず、あきらかにムシクイ狙いでなさそうな人が数人。
すぐにサンコウチョウがでたと判り、仲間に加わりました。

10時を過ぎる頃にはかなりの人が集まり、
一日中お祭り騒ぎのような状態となりました。
長い尾羽、ブルーのアイリングと嘴が、サンコウチョウの人気の理由でしょうか。
虫探しに夢中になって繁みの中を跳ね回る様子は愛嬌があります。
ヒヨドリと出くわすと、少し追いかけられたりもしていました。


サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂ 背中の赤紫色はあまり目立ちませんでした

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂ 繁みをかき分けるように移動するためか尾羽が痛んでいます

サンコウチョウ♂サンコウチョウ♂ 脚で捕まえたアオスジアゲハを食べるところ


サンコウチョウは虫を探して、
木の高いところの葉の多い繁みを行ったり来たりで、
なかなか撮影しやすい場所に出てきてくれません。
枚数はいっぱい撮ったものの、証拠写真+αの「サンコウ鳥写真」となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

マミジロ@大阪城

5月2日の続きです。
実は他所の公園にマミジロが出ていると知り、
見てみたいなあと思っていたところ、
朝一番にすぐに見つけてしまいました。

最初離れたとこからムクドリっぽいのがいるなと思いつつ
双眼鏡で確認して、ラッキー…。マミジロさんでした。

低い枝にとまることもありましたが、
基本地べたを移動し灌木の根元辺りをうろうろ。

周りの子供達などを警戒して、
何度も灌木の繁みに入ってしまいましたが、
少し粘って至近距離で画像を撮る事ができました。


マミジロ♂マミジロ♂ 全身真っ黒に白い眉が強烈

マミジロ♂マミジロ♂ 脚は黒くなく赤みを帯びています

マミジロ♂マミジロ♂ 尾筒下側の羽根は先が白く斑模様

マミジロ♂マミジロ♂ 色の割には結構可愛いです

マミジロ♂マミジロ♂ こんな地面をうろうろしてます


今日の大阪城は、キビタキは多くオオルリはやや少なく、
コルリは2箇所で確認できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウグイス@大阪城

5月2日大阪城公園へ行ってきました。
朝、盛んにホーホケキョとさえずりながら
虫探しをしてちょこちょこ動き回っているいるウグイスが
手の届くようなところにいたので撮影しました。

このウグイス、何か動きがちょこまかしすぎな感じで、
流れるようなスマートさがないと思ったら
この子、尾が無いんです。

それで余計にコロコロした動きに見えていたのです。
尾がないのは換羽中のためか他の理由か分かりませんが
非常に元気だったので心配なさそうです。


ウグイスウグイス

ウグイスウグイス

ウグイスウグイス

ウグイスウグイス


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

キビタキ若♂@大阪城

4月28、29日は行く先々でキビタキ♂に出会いました。
中でも第1回夏羽に替わりかけの若い♂が目立ちました。

個体によって、風切だけ褐色のもの、後頭部も褐色のもの、
黒い部分が少なく全体に淡い感じのものなどさまざまでした。
映りがいまいちの画像もありますが
キビタキ若♂のバリーエーションをいくつかあげて見ました。

3枚目のキビタキ若♂は、口を開けているのではなく、
可哀想に下の嘴が根元から折れてしまっています。
元気そうに飛び交っていましたが、餌が食べられるのか心配です。


キビタキ若♂キビタキ若♂(4月28日撮影)

キビタキ若♂キビタキ♂ 後頭部が褐色なのがわかります(4月28日撮影)

キビタキ若♂キビタキ若♂ 可哀想に嘴を負傷してます(4月29日撮影)

キビタキ若♂キビタキ若♂(4月28日撮影)

キビタキ若♂キビタキ若♂  黒い部分はほんの少しだけです(4月29日撮影)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオルリ♀@大阪城

昨日今日は仕事だったので、4月29日の画像から。

オオルリやキビタキなどは♂は鮮やかな色合いが目立つのですが、
♀は地味なのでやや見つけにくいこともあり、
あまりカメラには追いかけられないようです。

でもとっても可愛いです。
このオオルリの♀も最初植え込みの繁みの中にいて、
影が動いていたのを見つけて、「あなたは誰?」と見つめて判明、
表に出てくるのを待って撮りました。

ヒタキの仲間は似ているのですが、
嘴が真っ黒で、尾が赤みを帯びて濃くなり、
正面から見ると胸が褐色でオオルリらしさが出ています。


オオルリ♀オオルリ♀

オオルリ♀オオルリ♀

オオルリ♀オオルリ♀


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »