« 2008年3月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年5月

2008年5月 4日 (日)

南禅寺

今回は水路閣を中心に見て来ましたが、
南禅寺(臨済宗大本山南禅寺)の様子も画像で少しご紹介します。

1628年(寛永5年)に再建された南禅寺の三門1628年(寛永5年)に再建された南禅寺の三門

南西側から見た三門南西側から見た三門

1909年(明治42年)創建の法堂(はっとう)1909年(明治42年)創建の法堂(はっとう)

本坊大玄関とその前の小方丈4本坊大玄関とその前の小方丈

法堂と回廊で結ばれた龍淵閣法堂と回廊で結ばれた龍淵閣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琵琶湖疏水(南禅寺水路閣)

疏水分線は山の傾斜地に緩やかな傾斜を保って南禅寺へ向かいます。
南禅寺の境内で勾配を保ったまま水を流す為に造られた導水橋がこの水路閣です。
1890年(明治23年)に完成し、煉瓦作りでアーチ構造を持つ堂々とした風貌は、
周囲の南禅寺の景色の中で異彩を放っています。
1996年(平成8年)に琵琶湖疏水の主要部分やインクラインとともに、
国の史跡に指定されています。

水路閣を上部から見たところ水路閣を上部から見たところ

水路閣下流側を南西から望む水路閣下流側を南西から望む

水路閣を北西側から望む水路閣を北西側から望む

水路閣の南側(後方右側)は南禅院水路閣の南側(後方右側)は南禅院

断面側から見たアーチ形状の連続断面側から見たアーチ形状の連続

新緑と紅いモミジが彩りを添える新緑と紅いモミジが彩りを添える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琵琶湖疏水(蹴上・インクライン〜疏水分線)

琵琶湖の水を電力と水道として使うために引かれている琵琶湖疏水の、
蹴上から南禅寺界隈を散策してきました。

疏水は1890年(明治23年)に完成し、蹴上で高低差を利用して水力発電をしています。
琵琶湖から非常に緩やかな落差で流れつきますが、
船をレール上の台車に乗せて移動するインクライン(傾斜鉄道)は、
疏水利用した船便のために鴨川までの36mの高低差を解消させる為に作られました。

インクライン(傾斜鉄道)跡インクライン(傾斜鉄道)跡

水力発電用の導水管水力発電用の導水管

南禅寺方向へ向かう疏水分線南禅寺方向へ向かう疏水分線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年9月 »