.風景

2016年8月28日 (日)

守口市花火大会

Fireworks display
守口市市制70周年記念事業として
2016年8月28日に開催された、
「守口市花火大会」の様子です。
打ち上げ場所は淀川河川敷。


 【動画】守口市花火大会 2016.08.28
("1080pHD"にすると高画質になります)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月24日 (火)

雪景色@お山 12/23

12月23日の画像から雪景色です。
ウソ探しに丁度一年前行った北のお山へ。
思ったより雪が多く、積雪10cm近くありました。
鳥は非常に少なく、昨年ウソが居た辺りは実は沢山残ったまま。
ウソを探して1.5km程歩き、近くにやっと止まってくれたのですが、
タイミング悪く中年夫婦のハイカーが来て大声でしゃべったので、
残念ながらシャッターを押す寸前に飛ばれてしまいました。
1〜3枚目はウソに飛ばれた見晴し台からの景色です。
3枚目は2枚目の中央奥に見える、スキー場の山を望遠で撮ったもの。
唯一雪絡みの鳥はアングルの悪いホオジロだけです。
ホオジロはとっても可愛かったです。


雪景色雪景色 ※クリックで大きくなります

続きを読む "雪景色@お山 12/23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月17日 (火)

淀川の追加情報

今朝、9月17日淀川の河川敷はほぼ水が引きましたが、
遠目に見ても水溜まりが多く見られ、
水捌けの悪い場所はかなりぬかるんでいるようです。
今までも雨が降り続いた後は、水が無いように見える芝地や草地でも、
一歩踏み込むと靴の上まで水に浸かるような場所があります。
舗装された通路以外の通行は十分な注意が必用です。
※今日現在、河川敷公園は閉鎖中です。
淀川河川敷公園のホームページ

●枚方水位観測所の水位
9月16日正午の水位は4.53mでした。
前日から水位が8mも上がったのです。
1990年から観測されているデータを見ると、
これまでの最高水位(既往最高水位)は1993年7月3日の1.82mで、
今回はそれを2.71m上回る状況で、猛烈な雨量が判ります。
今日の午後以降水位−0.6m前後では安定して来ていますが
先週までの平均水位−3.6m前後と比べると、
まだ3m程度高くなっています。
※水際や湾処(わんど)の周囲などは要注意です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月16日 (月)

淀川河川敷水没

9月16日の朝に愛知県豊橋市付近に上陸した台風18号、
前日から数十年に一度しかないような大雨を降らせました。
被害を受けられた方、関係者の皆様、お見舞い申し上げます。

今朝、窓から淀川を見ると、河川敷が完全に水没していました。
淀川の枚方の水位を見ると午前7時に「水防団待機水位」、
正午12時に「氾濫注意水位」を越えましたが、
「氾濫危険水位」までは1m程余裕がありました。
前日から7m程水位が上がったようです。

近くの河川敷は2m程度冠水して完全に水没、
河川敷公園の事務所やトイレの屋根が僅かに見える程度です。
比較の為に過去に撮った画像を載せています。
河川敷を住処にしていた鳥達などが心配です。
淀川河川敷公園は暫く閉鎖になりそうです。
淀川河川敷公園のホームページ


今日の淀川の様子 2013年9月16日 15時頃今日の淀川の様子 2013年9月16日 15時頃 ※クリックで大きくなります

続きを読む "淀川河川敷水没"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年5月21日 (月)

金環日食@自宅 5/21

5月21日の画像から金環日食です。
東の空は薄曇り、ちょうど太陽の位置にやや厚めの雲があり、
既に欠け始めている時間ではぼやっと光が散乱していました。
ライブビューで見てみると、雲に覆われていますが欠けているのが解りました。
その後、雲が厚くなりましたが、金環になる頃はやや雲が薄くなりました。
カメラはE-5、レンズは50-200mm×テレコン2.0で撮影。


6:536:53 ※クリックで大きくなります

7:297:29 ※クリックで大きくなります


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年5月 4日 (日)

南禅寺

今回は水路閣を中心に見て来ましたが、
南禅寺(臨済宗大本山南禅寺)の様子も画像で少しご紹介します。

1628年(寛永5年)に再建された南禅寺の三門1628年(寛永5年)に再建された南禅寺の三門

南西側から見た三門南西側から見た三門

1909年(明治42年)創建の法堂(はっとう)1909年(明治42年)創建の法堂(はっとう)

本坊大玄関とその前の小方丈4本坊大玄関とその前の小方丈

法堂と回廊で結ばれた龍淵閣法堂と回廊で結ばれた龍淵閣

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

琵琶湖疏水(南禅寺水路閣)

疏水分線は山の傾斜地に緩やかな傾斜を保って南禅寺へ向かいます。
南禅寺の境内で勾配を保ったまま水を流す為に造られた導水橋がこの水路閣です。
1890年(明治23年)に完成し、煉瓦作りでアーチ構造を持つ堂々とした風貌は、
周囲の南禅寺の景色の中で異彩を放っています。
1996年(平成8年)に琵琶湖疏水の主要部分やインクラインとともに、
国の史跡に指定されています。

水路閣を上部から見たところ水路閣を上部から見たところ

水路閣下流側を南西から望む水路閣下流側を南西から望む

水路閣を北西側から望む水路閣を北西側から望む

水路閣の南側(後方右側)は南禅院水路閣の南側(後方右側)は南禅院

断面側から見たアーチ形状の連続断面側から見たアーチ形状の連続

新緑と紅いモミジが彩りを添える新緑と紅いモミジが彩りを添える

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

琵琶湖疏水(蹴上・インクライン〜疏水分線)

琵琶湖の水を電力と水道として使うために引かれている琵琶湖疏水の、
蹴上から南禅寺界隈を散策してきました。

疏水は1890年(明治23年)に完成し、蹴上で高低差を利用して水力発電をしています。
琵琶湖から非常に緩やかな落差で流れつきますが、
船をレール上の台車に乗せて移動するインクライン(傾斜鉄道)は、
疏水利用した船便のために鴨川までの36mの高低差を解消させる為に作られました。

インクライン(傾斜鉄道)跡インクライン(傾斜鉄道)跡

水力発電用の導水管水力発電用の導水管

南禅寺方向へ向かう疏水分線南禅寺方向へ向かう疏水分線

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月24日 (月)

万博記念公園


調子に乗って花博記念公園鶴見緑地へ行った翌日に万博記念公園にも行って来ました。
だけどこちらは入園料を取るだけあって少し商業的な感じ、
ほぼ同じ時間いたけどシャッター切った回数は半分程でした。


万博記念公園


万博記念公園 太陽の塔


万博記念公園 太陽の塔


万博記念公園


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月22日 (土)

花博記念公園鶴見緑地

またまた大変御無沙汰しております。
4連休だったので久しぶりに写真撮りに行って来ました。
花博記念公園鶴見緑地は花博以来というか、
花博開催中には行ったけど、その後は初めてです。

花博記念公園鶴見緑地入り口のメタセコイヤの並木道と噴水

花博記念公園鶴見緑地のシンボルでもある風車公園のシンボルでもある風車

花博記念公園鶴見緑地のシンボルでもある風車風車周囲の「お花畑の丘」のチューリップはまだ咲いていない

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

.アクアリウム | .カメラ | .動物 | .動画 | .昆虫 | .植物 | .淡水魚 | .野鳥 | .風景 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハラ | アトリ | アマサギ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イナバヒタキ | イワツバメ | イワヒバリ | ウグイス | ウズラ | ウズラシギ | ウソ | ウミアイサ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリマキシギ | オウゴンチョウ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオカラモズ | オオカワラヒワ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオバン | オオマシコ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オガワコマドリ | オグロシギ | オシドリ | オジロビタキ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラムクドリ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キセキレイ | キバシリ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キレンジャク | キンクロハジロ | クイナ | クビワキンクロ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロハラアジサシ | ケリ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コカワラヒワ | コガモ | コガラ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシャクシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | サバクヒタキ | サバンナシトド | サメビタキ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアジュリン | シマアカモズ | シマアジ | シマノジコ | シメ | シラコバト | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | ダイサギ | ダイゼン | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンオオルリ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トキ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイイロヒレアシシギ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハジロカイツブリ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオシギ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ベニスズメ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | マキバタヒバリ | マナヅル | マヒワ | マミジロ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤドリギツグミ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | ヨタカ | ライチョウ | ルリビタキ | レンカク | ワシカモメ