« メジロと桜 | トップページ | カワガラス »

2010年4月12日 (月)

オオバン

4月11日午後、予報より良い天気だったので、
近くの淀川へ行ってきました。
土手の斜面ではヒバリが上空と地表のあちこちから、
心地の良い鳴き声を聞かせてくれました。

川面ではオオバンとヒドリガモがゆっくりと行ったり来たり。
オオバンは、全身が真っ黒な羽根で覆われ眼は赤く、
額まで延びた嘴だけが白っぽいサーモンピンクで、
非常にシックな出で立ちです。
背中が黒いので、はじいた水滴が光ってよく見えます。
オオバン達は水に潜って藻を一生懸命ついばんでいました。


オオバンオオバン 藻をついばんでるところ

オオバンオオバン

オオバンオオバン

オオバンオオバン 水面に浮かぶのは桜の花びら


中州川下の浅瀬にオオバンやヒドリガモ、カワウなどが、
30羽位集まっていたのですが、
その真ん中へ釣り用のボートがいきなり突進。
驚いた鳥達は一斉に飛び立ってしまい、
中州や河川敷の鳥達も釣られて飛び立ちました。
なんで心ない事をするのでしょうか。魚も驚いて逃げたと思います。
浅瀬は1時間程してもは数羽しか戻りませんでした。

|
|

« メジロと桜 | トップページ | カワガラス »

.野鳥」カテゴリの記事

オオバン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555423/48062429

この記事へのトラックバック一覧です: オオバン:

« メジロと桜 | トップページ | カワガラス »